2010年09月13日

成功者の意見に従う

みなさんがFXを始めたきっかけは何ですか?

友達に誘われた?

流行っていたから?

ひと儲けしたかったから?

色々あるとは思いますが、どうやって勉強しましたか?

「独学で学びました」という方もいらっしゃると思います。

なかなかカッコいいですね。

「誰も頼りにせず、己の力だけで成長した」
なんて、「意志の強い人だなぁ〜」と感心してしまいそうです。


しかし、果たして本当に1人だけの力で成長した人などいるのでしょうか?


FXの世界にも、独学で成功した人はたくさんいます。

しかし、そのような人たちは、あくまでも

「スクールには通わなかった」

「先生に教わらなかった」というだけであり、

自宅でネットセミナーにも参加したかもしれませんね。

また、本屋さんで様々な書籍を購入して研究されたかもしれません。

これも立派な独学ですね。


したがって、「何もかもを1人の力で」
というのとは、少し違うような気がします。

解決法も分からずに1人で悩むぐらいなら、成功者の意見を参考に解決策を模索した方が賢いのです。

その上で、あなた流の理論やテクニックを少しずつ構築していくことこそ、安定して利益を上げられる人への近道なんです。

FXで裁量で勝ち続ける人の特徴は、いくつ押さえておいても、損はありません。





http://www.wn-project.net/next/67-10.htm




無料ですが、役立つことが多いですよ?

是非、参考にしてみて下さい。

posted by パリス at 22:37 | TrackBack(0) | 初心者のためのFX入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

ビギナーズラック

FXを始めた人の中には、
「思わぬビギナーズラックに遭遇した!」
という人もいるのではないでしょうか?

それはそれで、かなり嬉しいですよね。

ビギナーズラックであろうが、何であろうが、
勝ったことに変わりはないのですから…

しかし、そこで安心してはいけません。

「ビギナーズラックで勝った」ということは、
あくまでも「運が良かった」ということです。

私もその昔、パチンコでビギナーズラックに
遭遇したことがありました。

金額的には、3万円位でしたが、
1,000円で3万円は当時大学生の私にとっては
とてもとても嬉しい金額でした。

何と言っても、時給600円のレジのアルバイトを
していたころでしたので(・.・;)

その後、少しの間やはりパチンコにはまりましたね。

でも、結果は??? → ご想像通りです(=_=)


話は元に戻りますが…

ビギナーズラックと言うのは、
「しっかりとした根拠の下に勝った」というわけではないんですよ。


運で勝つのはギャンブルの世界です。
資産運用の世界ではありません。

FXも資産運用であるため、運で勝った時は、
やはり運が良かったから!

ただ、それだけなんです。

「勝って兜の緒を締めよ」
の諺にもあるように、
この精神を持つことが大切なんですよ。

なぜなら、
「運で勝った=何も成長していない」
ということであり、
その後の取引に活かせる経験もテクニックも、
何も得ていないためです。

ビギナーズラックがダメだとは言いませんが、
そこで気持ちを引き締める大切さも
理解しておきましょう。

勝ったときこそ、負けたとき以上に、
真剣に、そして分析と解析を怠ってはいけない…
ということです
posted by パリス at 15:32 | TrackBack(0) | 初心者のためのFX入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月5万円以下の資金で稼ぐには

FX人気。

まだまだ続いていますね。

人気を支える大きな理由。

それは、何と言っても
「少ない資金から始められる」

これが一番ではないでしょうか?

1〜5万円程度でも始められるプランもおおいですよね。

このくらいの金額なら、
・サラリーマンの副業
・主婦の方のお小遣い稼ぎ
などなど、手の出せる金額です。

ところで、FXには
「レバレッジ」と呼ばれるものがあります。

レバレッジとは「てこの原理」を意味しています。

「てこの原理」とは、
「小さな力で重いものを軽く持ち上げることのできる仕組み」を指します。

例えば、
保証金が10万円で1万ドルの取引ができると仮定します。

1ドル=100円であれば、10万円の元手で、
100万円相当のアメリカドルを取引していることになります。

つまり、最初に保証金として納めた10万円を元本とみなすと、
元本に対して10倍ものレバレッジがかかることになるのです。

ところで…
5万円の資金で安定して利益を上げるには、
やはりこの「レバレッジ」の存在が欠かせません。

「資金の何倍もの取引規模が可能になる」という制度です。

仮に、5万円の資金で「レバレッジ20倍」を利用すると、
「5万円×20倍=100万円」もの取引規模が可能になります。

一般的に投資の世界では、
「少ない資金=リターンが少ない=運用効率が低い」
という図式が完成します。

しかし、その図式を打ち破ったのがレバレッジ。

このレバレッジを利用することで、少ない資金でも
運用効率を上げることが出来るのです。

ただし、注意してほしい事があります。

倍率の分だけ利益も増大しますが、
それに比例して当然ですが損失も増大します。

その点に留意して取引することをオススメします。
posted by パリス at 06:00 | TrackBack(0) | 初心者のためのFX入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。